サラベス

| 未分類 |

アメリカ・マンハッタンからやってきた、ニューヨークの朝食の女王と呼ばれているのがサラベスです。フレンチトーストやパンケーキと言った、アメリカの定番ブレックファーストを提供するお店です。アメリカに10店舗を構える人気店が、初の海外進出を果たしたのが日本の地です。シンプルかつオーソドックスなパンケーキが人気なのはもちろんのこと、最近日本でも認知されつつある、エッグベネディクトも非常に人気のあるメニューです。どのメニューも決して驚きのようなインパクトがあるわけではないのに、強い魅力を感じるのは、シンプル・イズ・ベストという事なのでしょうか。シンプルな中にもこだわりを持っている印象があり、他のメニューも味わってみたいと思わせるものばかりです。シンプルなものほど、味はストレートに伝わるものです。そのストレートな味わいが間違いのない物だと証明しているのでしょう。現在では代官山店もオープンし、その人気のほどがうかがえます。味や品質に厳しいニューヨーカーに認められた、サラベスのメニューを日本で味わえるのは、とても興味深いですね。